2017年3月24日金曜日

ストレスフリ-を心がけて

最初の頃の繁殖期の基本的な考え方は『過干渉は禁物』『繁殖中は集中させるためにケ-ジから出さないで』でしたが、ある事件をきっかけにストレスフリ-を心がけるようになりました。
「僕らだって息抜きが必要だもの」
ヤマトは大好きなお父ちゃんと遊びたくて、ソワソワしながら待っています。
途中でなでしこが巣箱から出てきた時の、(今は僕の番だから巣箱に戻ってて!)のヤマトの仕草がとても可愛かったです。

(昨夜のヤマトの動画です)
飼い主がゆったりとした気持ちで、ストレスを抱えない事が大切なのかも知れません。

ハル:「僕は相変わらず帰宅拒否したよ」
指に乗せても帰らないので背中を押さえたら、軽く噛まれてしまいました。
「へっへっへ」
Kが、「ウチの子がいつもすみません」なんてママらしい事を言っています(^^)


にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 中々難しいですが、私たちは、おかめさん達と仲良く楽しく暮らせることが幸せですし、
    おかめさん達も、幸せな気分で居て欲しいですよね。

    せっかく一緒に暮しているなら、どっちも楽しく、どっちも我慢しすぎることの無いようにしたいですよね。

    我が家も、出来るだけおかめさん達が何を望んでいるか?を第一にと思っています。
    でも、ついつい甘くなって、見透かて、わがままになる時も有りますが(~_~;)
    おかめさんて、賢いですからね~(笑)
    アドバイス・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°

    返信削除
    返信
    1. こちらこそ、いつもありがとうございます。
      マミィさんのオカメさん達とのふれ合いの様子が、何より参考になりました。

      オカメさん達が第一と考えた時に、ハルの事が課題でした。
      ハルは元気なのですが、体重が増えません。
      それでも将来を見据えて(ハルは長男ですが娘の子なので)今後はひとりっ子に慣れて貰わないといけないんです。

      オカメさんは賢いから、足元を見ますよね。
      私が甘い分、お父ちゃんが厳しいです(笑)

      削除

コメントの記入者から「名前/URL」を選択して頂き、ペンネ-ム等の記入をお願い致します。